顔のほてりは自律神経の影響かもしれません

顔のほてりは自律神経の影響かもしれません

自律神経には交感神経と副交感神経という2種類の神経があり、私たちの意識していないところでこの2つの神経がうまくバランスをとって体が活動したり休息したりその場に適した状態になるように調節しています。

運動をした時には筋肉にしっかり血液を送るために血圧を上げる、心拍数を増やす、暑い時には体温が上がり過ぎないように毛細血管をひろげて熱を発散する、逆に寒い時には血管を収縮させて体熱が外に逃げるのを防ぐなどの働きもしています。

そこで、運動をしたり暑かったりするわけでもないのに自律神経が体温が上がりそうと勘違いして顔へ行っている血管をひろげるように働いてしまうと顔のほてりとして感じることがあります。

関連記事

  1. 酢のダイエット効果